臨床検査技師(がくさい病院)

ホーム > 募集職種一覧 > 臨床検査技師

募集要項

仕事内容 臨床検査業務全般
勤務時間 日勤 8:30〜17:15、8:30〜12:30(土曜日)
年間休日 122日(28年度)
応募資格 資格保有者、新卒既卒問わず、経験者優遇
応募方法 事前に電話連絡の上必要書類を送付して下さい。
必要書類 ○ 2017年新卒者 …… 履歴書、卒業見込証明書、成績証明書
○ 既卒者 …… 免許証の写し・自筆履歴書・職務経歴書
選考方法 書類選考、面接等
選考日時 随時(お問い合わせください。)
応募書類送付先
及び連絡先
〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1番9
がくさい病院 総務課 075-754-7110(総務課)
担当者名:事務部長 吉田
メールアドレス:yoshida@gakusai.or.jp

給与・待遇

給与

学際研究所規程により優遇します。

新卒の初任給例
  専門・短大卒 4大卒
基本給 172,300円 182,100円
調整給 17,230円 18,210円
職務手当 10,000円 10,000円
合計 199,530円 210,310円
6年目の給与例
  専門・短大卒 4大卒
基本給 197,700円 208,900円
調整給 19,770円 20,890円
職務手当 10,000円 10,000円
合計 227,470円 239,790円

手当て・賞与・福利厚生

各種手当 年末年始(4,800円)
住宅手当(該当者)、扶養手当(該当者)
交通費実費支給(上限40,000円)
昇給・賞与 昇給年1回・賞与年2回(H28年度実績3.9か月)
加入保険等 社会保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
福利厚生 医療費補助、食費補助
退職金制度 勤続3年以上の方に支給

臨床検査科について

当院、臨床検査科では現在2名の技師が従事し、主に心電図や心臓・腹部・各種血管・甲状腺などの超音波検査、脈波、ホルター血圧計、トレッドミル負荷心電図検査などの生体検査と、検尿検査や輸血検査などの検体検査を行っています。
治療における診断の一助となるよう、正確な検査結果を迅速、正確に報告することを心がけています。また、医療チームとしても、各診療科、スタッフと積極的に連携、協調して業務を行っています。
精度管理業務や院内委員会にも参加し、検査科や病院の今の状況を常に更新、管理していく努力を行っています。
患者さんの不安や緊張をほぐし、安心して検査を受けていただけるよう、検査の内容説明にも力をいれ、検査を受けていただくに当たっての個々の疑問点にも積極的に説明を行い、常に思いやりを持って対応しています。

職場の雰囲気

臨床検査科は検査技師が2名という少人数の部署ということもあり、コミュニケーションが密に行えることでより円滑に業務を進めていける良さがあります。少人数だからこその気遣いや助け合いができ、風通しのよい環境が自然とできています。
知識の面でも、お互いに刺激を受け合い、知識・経験共に日々向上していく努力を続けていける雰囲気があり、勉強会にも積極的に参加しています。
病院全体としては、歓迎会や送別会、忘年会などスタッフ全員が参加するイベントも多く、皆が顔見知りでアットホームな雰囲気があります。そのため、業務においても職種や役職の垣根を越えて気兼ねなく相談や問題提起でき、みんなで解決していくことのできる土壌があります。


就職を考えられている皆さんへ

がくさい病院は、整形外来と回復期リハビリに特化した病院です。病院全体で患者さんを見守り、患者さん自身の治る力を職員みんなで支えています。当院の検査科では心電図や超音波検査で患者さんと接する機会も多く、患者さんからの信頼がやりがいにもつながります。
患者さんだけでなく、職員間もお互い支え合い、それぞれの持つ知識・技術の共有を行うことで自分の力で考えながらたくさんのことを学び続けられます。初めての分野の方も、ベテランの方も主体的に取り組んでいけると思います。
業務とプライベートの区別がしっかりでき、メリハリのある生活リズムを作れることができ、性別を問わず仕事と家庭を両立できます。
一度、見学だけでも訪れて雰囲気を感じてみてください。

先輩スタッフメッセージ

Staff Message

今の病院を選んだ理由は何ですか?

自宅から近く通勤しやすかったのが大きな理由だったのですが、場所を移転したので通勤には時間がかかるようになってしまいました。
それでもがくさい病院で働いているのは、職場の雰囲気が良く働きやすいからだと思います。スタッフ同士の仲が良く、他の職種間でも専門外のことを教え合ったりして知識を共有しています。スタッフ全体のやる気の高さを感じられますし、自分も頑張らなくてはと思います。
また、移転に際して、「回復期リハビリ」というこれまで関わったことがなかった分野に携わることへの興味もありました。直接リハビリに関わることがない職種ですが、検査で関わった患者さんが元気になられるのは嬉しいですし、やりがいを感じます。

病院の良いところ何でしょうか?

職種に関わらずコミュニケーションがとれており、仲が良く、団結力があるところだと思います。親睦会主催の新人歓迎会や忘年会でも他部署との交流があり、普段は関わることがないスタッフとも話をしたりしていつも楽しく参加しています。仲がいいといっても、仕事では馴れ合いにならず、おのおのの業務に専念しています。委員会活動などでも多職種が協力して取り組んでいます。
勤務形態に関して言うと、がくさい病院は救急病院ではないので、緊急に呼び出されることがほとんど無く、日曜・祝日も休みなので家の用事や自分の時間を持ちやすいです。休日にしっかりとリフレッシュして仕事にメリハリをもって臨むことができるのがいい点だと思います。

就職を考えられている皆さんへメッセージ

主な検査が心電図や超音波検査などになってくるので、このような生理検査が好きな人、患者さんと接することが好きな人にオススメです。気さくな患者さんが多く、検査を受けた事のある患者さんが「あの時はありがとう」と言ってくださることもあります。
職員同士の雰囲気もよく、困ったときは先輩や他部署のスタッフでも助けてくれますので、楽しく仕事ができると思います。
人数が少ない部署なので、どうしても委員会活動などの検査以外の業務も多くなってしまいますが、病院の一員としてのやりがいも感じられると思います。
正直あまり目立つことのない職種ですが、なくてはならない職種でもあると思うので、縁の下の力持ちとしてがくさい病院を支えてみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ