介護支援専門員(居宅介護支援事業所)

ホーム > 募集職種一覧 > 介護支援専門員

募集要項

仕事内容
 
勤務時間
日勤 8:30〜17:15
準夜 16:30〜1:15  深夜 0:30〜9:15
早出 7:00〜15:45
遅出 10:30〜19:15 12:30〜21:15
年間休日 121日(29年度)
応募資格
新卒既卒問わず、経験者優遇
応募方法
事前に電話連絡の上必要書類を送付して下さい。
必要書類
○ 2017年新卒者 ……履歴書、卒業見込証明書、成績証明書
○ 既卒者 ……免許証の写し・自筆履歴書・職務経歴書
選考方法
書類選考、面接等
選考日時
随時(お問い合わせください。)
応募書類送付先
及び連絡先
〒604-8845 京都市北区鷹峯土天井町54
介護老人保健施設「がくさい」 075-494-0318
担当者名:事務長 吉村
メールアドレス:yoshimura@gakusai.or.jp

給与・待遇

給与

学際研究所規程により優遇します。

新卒の初任給例
  高校卒 専門・短大卒 4大卒
基本給 137,600円 143,500円 150,900円
調整給 13,760円 14,350円 15,900円
職務手当 10,000円 10,000円 10,000円
合計 161,360円 167,850円 176,800円
6年目の給与例
  高校卒 専門・短大卒 4大卒
基本給 154,200円 161,900円 168,800円
調整給 15,420円 16,190円 16,880円
職務手当 10,000円 10,000円 10,000円
合計 179,620円 188,090円 195,680円

手当て・賞与・福利厚生

各種手当
準夜(3,000円/回)、深夜(3,700円/回)
祝祭日勤務(2,000円/回)、年末年始(4,800円)
住宅手当(該当者)、扶養手当(該当者)
交通費実費支給(上限40,000円)
昇給・賞与
昇給年1回・賞与年2回(H28年度実績3.9か月)
加入保険等
社会保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
福利厚生
医療費補助、食費補助
退職金制度
勤続3年以上の方に支給

居宅介護支援事業所について

以前母体である病院が北区にあった頃から長く活動し、病院が中京区に移ってからも北区に残り、事業を行っている。居宅介護支援事業所には現在5名の介護支援専門員と事務職が在籍しており、担当のエリアは、北区・上京区で事業所を中心に主に電動自転車で訪問可能な範囲にて活動している。内容は、居宅に居る要支援・要介護の利用者宅を月に1回以上訪問し、モニタリングを行い、居宅サービス計画書を立案、サービス担当者会議を経て、サービスの提供状況を評価するなど一連の介護支援専門員の活動と利用者一人一人の1ヶ月の予定表を作成するなどの書類作成業務を行っている。また訪問看護が同敷地内に、同区に包括や介護老人保健施設があり、連携を図りながら業務を行っている。

職場の雰囲気

現在介護支援専門員が5名在籍しており、年齢も40〜50代の女性である。元の職種は社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士から成り、訪問介護や施設の介護職員、相談員などの経験がある。利用者においては、それぞれの担当制ではあるが、初回訪問は基本2人以上の同行訪問を行うなどサポート体制を取っており、また定期的に利用者について報告の場を設け、いつでも何でも相談する事ができ、アドバイスし合うなど話しやすい職場であり、一人で業務を抱え込む事は少ない。また事務所立地としても寺社仏閣が多く、西陣に近い事もあり、機織りなどの仕事に従事されていた利用者が多い。関係する研修や地域での会議などにも積極的に参加しており、自己研鑽できる様な雰囲気を作っている。


就職を考えられている皆さんへ

介護支援専門員は、色々な知識を必要とし、多職種と連携を図るチーム作りの調整、利用者や家族に提案など多岐に渡る仕事をしています。しかし、すぐに何でも聞ける先輩がいて、皆で知恵を出し合うので、初めての方でも安心して働く事ができると思います。困ったケースの場合は2人体制や同行で訪問するなどの対応も行っています。移動は、主に電動付自転車を使用し、遠方は車を使用します。原動付きバイクでの移動はありません。研修や地域での会議等にも積極的に参加しており、他の居宅や包括などの人とも交流ができ、そこでの相談などもする事ができます。勤務は月曜日から土曜日のシフト制で、自身で仕事を組み立てて、事務所の皆で調整しながら、休みを取る事としています。事務所の場所もバス停から2.3分と近く、通勤も便利です。

先輩スタッフメッセージ

Staff Message

今の病院を選んだ理由は何ですか?

この病院を選んだというより、今も病院の中の居宅という部署で長い間働き続けている事ができるのは、法人の「保健・医療・福祉を一体に考え、医学だけてなく各専門分野の知識を終結、即ち学際的な視野で地域医療に貢献し、患者様の人権を大切に患者様と共に医療を行います」という理念のもとで、今後もずっと働きたいと思っているからです。高齢化社会に向け、地域包括ケアシステムの構築がうたわれています。連携・協働・チームワークを大切する法人は、地域包括ケアをリードして行く事ができる法人であると思っています。

病院の良いところ何でしょうか?

包括や介護予防推進センター以外、病院・介護老人保健施設・訪問看護・居宅介護支援事業所全ての名前が「がくさい」で統一されており、地域の方には「あぁ、がくさいさんね」と認知して頂き、親しみを持って頂いている点が良い所だと思います。それは長年地域に根差して地域医療に貢献できてきた証拠だと考えます。また、法人や親睦会などの企画で、年に数回、全職員が顔を合わせる機会を通して、普段接点のない部署の職員であっても、交流があり、皆が顔の見える関係ができている点が良い点だと思っています。

就職を考えられている皆さんへメッセージ

私達と一緒に働きませんか?アマネジャーの仕事は、対人援助、すなわち、その人らしい生活の実現に向けて、チームワークで行う仕事です。心配する事はありません。相手の気持ちに近づこう、尊重しようと思う程、戸惑う事や困る事はあります。事業所では、毎日、随時、支援について相談しながらすすめています。様々な角度から、物事を考える事は、自分にない視点を気づかせてくれ自分自身の成長にもなりますよ。私達と共に、考え、悩み、成長しませんか?

このページのトップへ